丸洗いドライクリーニング

熟練職人による「手洗い」「自然乾燥」「手仕上げ」

丸洗いとは

ドラム式洗濯機械と石油系溶剤の開発により実現した、着物を解かずに仕立て上がりのまま洗う現代の洗い方です。丸洗いを行うには、国家資格を取得する必要があり、技術の習得した者が責任を持って洗います。

1.下洗い(手洗い)

手洗いの作業前、着物がクリーニング溶剤により色落ち・金箔落ちなどの現象が起きないか部分的なテストをします。ドライクリーニングの前に、袖口や衿、裾など汚れやすい個所を特殊なブラシで手洗いします。着物の種類・状態に合わせてブラシの加減をみます。汚れのあるところだけでなく、汗・ホコリなどを吸収している可能性のあるところは、すべて丁寧に不純物をもみだします。
洗い台の上でクリーニング溶剤で落ちる汚れはすべて手作業にて落としていきます。そめの近江では最も重要な工程の一つとして考えています。

2.ドライクリーニング

手洗い(下洗い)の作業で浮き上がった汚れなどをすすぐ意味で、ごく短時間クリーニング機の中で洗います。有機溶剤を用いてのドライクリーニングです。絹は水で洗うと繊維が収縮します。表地と裏地、さらに縫い糸の収縮率がそれぞれ違うので、仕立のバランスが崩れ、仕上げで元に戻すことが非常に難しくなります。そのため仕立てたままでは水洗いをせずに、有機溶剤による丸洗いをします。
そめの近江では、一度に多く洗わずに、生地の種類や色などに合わせ、一枚ずつネットに入れ、少量で洗います。ここでも手間と時間をかけているのです。

3.乾燥(自然乾燥)

丸洗い後、専用室にて乾燥させます。ここは、1年中24〜26度の温度設定をされており、低温でゆっくり乾燥させます。干す際には、着物の形を崩さないように一枚ずつ物干し竿に吊るします。そうすることで溶剤などの匂いを完全に飛ばし、ふわっとしたソフトな仕上がりに近づけます。また、24〜26度の温度と、あえて低温に設定しているのは、乾燥のための他、この温度が着物にとっても優しいからです。

4.仕上げ(手仕上げ)

汚れ落としの工程をすべて終えた後は、仕上げになります。専用のアイロンにて着物のシワが残らないよう、丁寧にかけていきます。
仕上げは、着物に直接アイロンをあてるのではなく、1〜3センチと紙一重の距離を保ち、蒸気の熱で形を整え、着物に本来の風合いとふくらみを甦らせます。

部分水洗い(汗取り)と丸洗い料金表

衿、袖口、裾など部分的に下洗いを行い、全体を油性洗いします。
税抜
丸洗い料金表
長襦袢 1,810
小紋・紬単衣の着物・コート・名古屋帯 1,910
小紋・紬袷の着物・袋帯 1,960
紋付・付下げ・訪問着 2,290
振 袖 2,580
留 袖 3,050
油性洗いでは汗の成分は水性で十分に取れないため、黄変の原因となります。
汗をかいた部分は水洗いを行い、全体を油性洗いします。汗をさっぱりして収納下さい。
税抜
部分水洗い(汗取り)と丸洗い料金表
長襦袢 2,810
小紋・紬単衣の着物 2,910
小紋・紬袷の着物 2,960
付下げ・訪問着(単衣) 3,100
付下げ・訪問着(袷) 3,290
振 袖 3,580
留 袖 4,050
■ドライクリーニング:化粧品や皮脂の汚れ(油性の汚れ)を落とします。
■水洗い:シーズンの終わり、汗などをかいたものは水洗いがおすすめです。
税抜
ゆかた洗い料金表
手洗いで水丸洗い
ゆかた(手仕上げ付) 1,290
子供ゆかた 1,000
麻襦袢 1,910
ドライクリーニング
ゆかた(手仕上げ付) 910
絞りゆかた 910
小袋帯 860
角帯 860
子供ゆかた 700
  • ※絞りゆかたは多少伸びることがあります。藍染めのものは色落ちがあることをご了承ください。
七五三は、男の子は5才、女の子は3才と7才の11月に成長を祝って行う行事です。
七五三で着用された着物を大切な思い出として、また次の世代へ受け次いで行くためにもきちんとお手入れをして保管することをお勧めいたします。
税抜
七五三祝着丸洗い料金表
七才祝着丸洗い
2点セット(着物+襦袢) 3,240
単品価格 着 物 1,810
襦 袢 1,430
五才祝着丸洗い
5点セット(着物+羽織+帯+袴+襦袢) 6,860
単品価格 着 物 1,430
羽 織 1,430
580
2,000
襦 袢 1,430
三才祝着丸洗い
3点セット(着物+被布コート+襦袢) 3,890
単品価格 着 物 1,620
被布コート 860
襦 袢 1,430